2011年4月12日火曜日

なんか飼いたい

 書店で猫の本を買った。猫の本と云うても、別段『ハウツー飼育、猫、初級、三毛猫編』とかいった実際に猫を飼う方向で話を進めていく本ではなくて、猫の持ち主が撮った写真を載せて「どうだ、俺の猫は可愛いだろう、見ろよ、飼えよ、ついでといってはこの本も買えよ」という自己顕示欲甚だしいやつで、ただそれでは本として活版印刷しそれに値打ちを付けて全国書店で売りさばくという民主主義的商売が成り立たぬので、その穴を埋めんとして「どうだ、これならお前らが金出して買ってもええかなと思えるようにしてやったぞ、どうや。」とでも云うように余すところ無くエッセイが詰められている。この本を呼んでいるとまるでちょうどその紙面あたりに作者のどや顔が見えてくるようで肝も沸き立つ程腹が立ってくる、くそ。それ程怒りを掻き立てる物を何故金出して買ったかというと、実を云うと別に怒っているわけではなくて自分がそいつのその本が読みたいからその本を購入したわけで、僕は単純に猫が好きで、飼えるものならたとい蟹工船で沖売りの女や北海道弁の年齢もわからぬ様なおっさん達と汗水血しぶき鼻水と目水とわからんようなものを飛ばして齷齪働いてそれでも二束三文、そこから生活費も出さねばならぬと、そんな金を稼がなければならないと言うことになったとしてもそれに殉ずる事ができると思う。こんな大口を叩けるのにも分けがあって、僕はどうしても猫を自宅に招き入れる事が出来ないのである。招かれぬ猫。下らん事を云っていると恥ずかしくて、今日の気分で云えば僕はクラブに行ってDJなる音楽を次々と回していくやつをやり、そこで南京玉簾でも流して一緒に踊りたい気分になるが、今現在書かなければならない胸裏心持ちがいくつかあるので、いまのところ控えさせて頂こかな。何の話だ、嗚呼、猫が飼えない理由というのは、簡潔に、アレルギー。僕は猫が大好きなのは先ほど記した通りだが、僕の体が猫を受け付けないのである。先天性猫嫌い。猫に関す同一性障害、腹立つ。これこそ肝が煮えくり返る事項である。しいては己身体市中引き回しの上晒し首としてやりたいところだが如何せん、今年頂いた年賀状に「何卒お体ご自愛下さい」と書かれていたのでどうすることも出来ない。
 犬は、と聞かれるのだがアレルギーは無い代わりに、僕は犬というものに対して愛情どころか、どこかへ行ってしまえ、畏怖軽侮の念しか持っておらず、というのは単純に云えば怖いわけで、なんだってあんなに激しく動き回ってきゃんきゃん云うのが可愛いだとかあいくるしいだとかいってちやほやされるのか皆目検討も付かない。そもそも諸君は街できゃんきゃんやっている髪を末期色にした女子高生や男子高生、おっさんおばさんにはまるで黒板引っかいてその上アルミホイル食わされたような顔をして耳を塞いで「けっ、うるせえんだよあほ」とか云う癖に対して変わらんあいつらにはまるで人が変わったように愛想を振りまくんだ?それに加えてあの犬というのは、まるでどんきーもんきーやんきーのような非常に強い攻撃性を持っていて、人と見れば足元を見て因縁をつけるかのように「あぁ?ワレ何俺様の通る道にのそっと突っ立っとるんじゃ、はよどかんかい、コラ、はよどかんかい!」と云ってぎゃんぎゃん喚く。そうしておソロしくて僕がどいたにも関わらず今度は「おい、コラ、どくの遅いんじゃ、なめんとんのかワレ、俺に喧嘩うっとんのか?うっとんのか、おい、どや、はっきり云うたらどうじゃ。はっきり云えや!」と云って執拗につけ回してくるものだから、僕は人様の家に遊びに来たのにも関わらず、トイレに篭ってやり過ごそうと席を立つのだが、そうするとまたトイレまでついてきて「おいコラなんとか云え!どつくぞ、どついたるぞ!おい、ボケ、なめとんのか、川崎の狂犬なめとんのか!」といってドアをどんどん叩くからもう精神的に参ってしまって家主におじゃましましたと云うことしかできなくなるのだ。すると家主が「なんでそんな怖がってんの、馬鹿じゃない。」といって川崎の狂犬を抱きかかえてくれるのだが、そうすると犬はまるで手のひらひっくり返して「やー、ご主人様、あいつがかまってくれないんですよ、こんなに可愛い僕チャンを」なんて僕言葉使い出すから腹立つのじゃ怖いのじゃあいつらはあああああああああ!
 というわけで猫も犬も飼えない。ただ僕は如何せん一人ぼっちというものが大嫌いな寂しがりやであるから、何かしら家に帰ってきた時に「おかえり、今日もお疲れ様。」と撫でた声で云ってくれるような友達が欲しい、女ならばなお良きかな。というわけで何か飼育して毎日家に帰る度に「おつかれ、今日のごはんちょうだい」と云ってくれるようにしたいのだが、僕は猫の他に、両生類爬虫類が大好きなのである。どれくらい好きかというと女に振られ雨に降られ金も無くて煙草も吸えないような夜にはインターネット上に乗っけられている、フトアゴヒゲトカゲがミールワームというそれ専用のミミズを食っている様子を撮影した動画、また、アオガエルがゲコゲコ云っている動画を見て、明日も頑張ろう、ヨッシャーと元気を出すくらい愛して病まない。思えば小学生の頃はヤドクガエルという黄色黒にまだらに色のついた如何にも、ワタシ毒がありますというような面持ちで魅かれる。それはいかにもちゃらちゃら遊んでそうな女が魅力的なのに近しいと僕は思う。また、カナヘビというトカゲに近しい金色の鱗を持ったトカゲが僕の以前住んでいた九州福岡鳥飼、大濠公園やら鳥飼小学校校庭やらにわんさかおったのだが、それを捕まえて国語の授業中それを弄じ繰り回し愛で倒しということをしょっちゅうやっていたが、残念な事に除虫罪を撒かれた草を噛んでころりと逝ってしまった。墓も作ったが、今となっては彼女の名前は忘れてしまった。ヘビも非常に好きで、一時期千葉の実家の庭に白蛇が住み着いた事があって、捕まえて弄じ繰り回し愛で倒してやろかなと思ったのだが、弁財天様の使いをそうやって拘束してしまうことでばち当たり、貧乏困窮に見舞われてしまう事を恐れてほうっておいたらそのうち何処かへ行ってしまわれた。それだから僕は今金が無いのかも知らん。いざ働かん。いざ働いて金作り、いざトカゲを飼わん。五月には埼玉自然公園へ出向いてアオガエルも数匹捕まえてくる予定です。ビバ両生類、ビバ爬虫類!

Twitter Updates