2012年6月17日日曜日

ヨッちゃんの好奇心

久々に会ったヨッちゃんは、女になっていた。
女というより、おかまという表現を使ったほうが正しいのだろうか、まあつまりはそういうことだ。バンコクあたりではレディボーイという名で、おかまが沢山いるのだという。
「あら、お久しぶりじゃない、コーちゃん。」
六本木の路地で突然名前を呼ばれたて振り返ると、おかまが手を振っていた。
「やだ、ごめんなさいね、私よ、私。吉野祥平。小学校で一緒でしょ??」
と言われてはじめて気が付いた。そのおかまはよく見れば確かに、六年二組で後ろの席だったヨッちゃんだったのだ。よく二人でいたずらをしては怒られていた、そのヨッちゃんだったのだ。


「いたずらはもうしないわよ、かわいい男の子にはいたずらしちゃうけどね、ふふっ。」
ヨッちゃんはアイスティーをストローから吸っていた。その仕草はなんだか妙に女らしくて、俺はかあっと顔が熱くなるのを感じてお冷やをぐっと飲み干した。
「そういえば、雑誌の仕事をやってるって聞いたけど。」
「あれはもうやめたわ、なんか飽きちゃって。今はセレクトショップのカリスマ店員よ。」
「っていうと、服屋さん?」
「やめてよそんな古臭い言い方、アパレルよ、ア・パ・レ・ル。わたし、今流行の最先端なの。」
「ああ、ヨッちゃん昔から飽きっぽかったもんな。」
ヨッちゃんはいつも新しいものを追い求めた。ビックリマンを最初に持っていたのはヨッちゃんで、皆がビックリマンを持ち始めた瞬間に遊戯王をちらつかせていた。そして皆が遊戯王を持ち始めた瞬間に、デュエルマスターズへと身変えしたのだった。その都度ヨッちゃんは

「だって、飽きちゃった。」
といってしれっとしているのだった。

ヨッちゃんは可愛いらしい顔付きで女の子にもモテるタイプだ(だった?)ろうから、もしかしたら女にも飽きちゃったのかもしれない。
「でね、取っちゃおうと思ってるのよ。」
「え、何を?」
「何って、決まってるじゃない、アソコよ。」
なんだかこの会話を早々にやめたくなってきて、用事があると嘘をついて帰った。家までの道で、俺はヨッちゃんとの小学校時代の数々の思い出を思い出していた。

「校門前のあのけやきの木を切ろう。」
ヨッちゃんはいつも突然作戦を思いついた。けやきの木は、のこぎりを二つ用意して朝のうちに汗を滝のように流しながら大木を切り倒した。一番壮絶だったいたずらは、池埋めだった。先に池から二匹の亀を水槽に救出しておいて、土や泥は深夜猫車で工事現場からひたすら運び込んだ。そして警備員が起きるまでのうちに池に土砂を流し込み、その上に水槽に花を生けておいた。次の日学校は休校になったが、俺たちの仕業と判明することはなかった。今、ヨッちゃんは自分の体に最大のいたずらをしようとしている。校門ならぬ、肛門の前にそびえ立つ大木を切り取ってしまおうとしているのだ。その日の俺はもう、全てを忘れたくてバーボンを一本空けてへべれけになったまま眠ったのだった。

それから半年後、ヨッちゃんにもう一度会った。ヨッちゃんは男に戻っていた。手術はしなかったらしい。それからヨッちゃんは初めての男とのセックス、女とのレズ(?)プレイについて語り出してまた嫌な汗が俺の体を包んだが、今度は安心して話を聞いていられた。それはきっとヨッちゃんの話し方が、小学生の頃のヨッちゃんに戻っていたからだろう。しかし何より俺が安心したのは、ヨッちゃんに男に戻った理由を聞いたときに帰ってきたこの言葉だろう。



「だって、飽きちゃった。」

好奇心旺盛なのも困ったものだ。



Twitter Updates